税理士になるためには、税理士試験に合格する必要があります。 しかし、税理士試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)に合格するには、並大抵の努力では駄目です。 税理士試験に合格するには、あるていどの勉強時間が必要となってきます。 一般的に、税理士試験に合格しますのでに必要な勉強時間は、約2500時間といわれているんですね。 また、この2500時間という勉強(効果を定着させるためには、繭り返し復習することが大切です)時間は、予備校の講義などを省いた独学(資格試験や大学受験などの場合には、予算の許す範囲で通信講座などを利用するのも効率的な勉強や情報収集のためにはいいでしょう)の時間です。 この勉強時間からも、税理士(企業や個人などの依頼を受けて、税金に関する相談にのったり助言をしたり、書類の作成、会計帳簿の代行や申請などを行う税務の専門家です)試験の難しさが分かると思います。 そして、2500時間というのはあくまでも最低勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)時間ですから、確実に合格するためにはこれ以上の勉強(効果を定着させるためには、繭り返し復習することが大切です)時間を確保しないといけないのです。 それに、税理士試験の合格率は、例年約2.1%となっているので、1回で合格するのは至難の業です。 3年〜5年かけて合格を目指すつもりで学習スケジュールを組むようにしてください。 それから、独学のみでの勉強方法は効率があまり良くないので、金銭的に余裕があるのであれば、通信講座や通学講座を使用する方が良いかもしれませんー